Tickets purchase
VideoPass purchase
News
11 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

クアルタラロの速さを称賛するロッシ「どうしているのか分からない」

最多の6勝を挙げ、昨年1番手を快走したセパンで初日は総合5番手に進出。

モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPバレンティーノ・ロッシは、第18戦マレーシアGPのフリー走行1で8番手。フリー走行2は、2分01秒台を3回、2分00秒台を5回記録した後、フロント、リア共に新品タイヤに履き替えた3度目のコースインでは、1分59秒台を1回記録して、トップタイムから0.708秒差の3番手、初日総合5番手に進出した。

「初日としては悪くない。レースタイヤで一貫したグッドなペースで走れているけど、それは7ラップであって、レース周回数の20ラップではないから、リアタイヤに細心の注意を払わなければいけない。データでは、他車よりもタイヤにストレスがかかっている。その理由が分からないけど、この分野において、ヤマハはホンダとドゥカティよりも悪い。」

「驚きが止まらない。ファビオはとても良く走っている。僕たちが最も苦しんでいるコーナーの立ち上がりでグリップがある。どうしているのか分からない。」

「新品タイヤに履き替えて、タイムが伸びた。5番手が嬉しい。今日は2ラップ目から良い感じがあった。」

24.99ユーロで提供中の『ビデオパス』では、第18戦マレーシアGPの公式予選と決勝レースを完全生中継で配信。