Tickets purchase
VideoPass purchase
News
24 days 前
By Team SUZUKI ECSTAR

総合3位に挑戦するリンス「自信を感じる」

公式予選1を1番手で通過した後、公式予選2で8番手まで挽回。

チーム・スズキ・エクスターアレックス・リンスは、最終戦バレンシアGPの公式予選でポールポジションタイムから0.617秒差の8番手。明日のシーズンファイナルレースを3列目から迎える。

初日は10番手と6番手。2日目はフリー走行3で12番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、フロントにミディアムタイヤ、リアにハードタイヤを履いて1分31秒台を6回記録した後、フロント、リア共にソフトタイヤに履き替えると1分31秒台を3回記録して週末の最高位となる5番手に浮上した。

「Q1でグッドなラップタイムをマークし、Q2で再現させたから、8番グリッドはOKだ。当然、もう少し前からスタートできれば良いけど、大きな自信を感じる。序盤がどうなるか、レースがどうなるか見てみよう。」

「タイヤ選択が非常に重要となる。過去のレースでは、ライダー間のギャップを広げることは難しかったから、接戦となるかもしれない。僕はスムーズに走れている。セッション毎に良くなっているから、ラストレースの準備が整っている!」

24.99ユーロで提供中の『ビデオパス』では、最終戦バレンシアGPの決勝レースを完全生中継で配信。