Tickets purchase
VideoPass purchase
News
18 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

「悪い結果の悪い時代から戻って来た」

今週末からの新たな仕事の手段が功を奏し、先週の厳しい状況から好転させることに成功。

モンスター・エナジー・ヤマハ・MotoGPバレンティーノ・ロッシは、第3戦アンダルシアGPの決勝レースで4番グリッドから2位争いを繰り広げ、5.546秒差の3位。昨年4月の第3戦アメリカズGP以来18戦ぶりのトップ3入りで、最高蜂クラスで199度目となる表彰台を獲得。

「久しぶりの表彰台だから、とても嬉しい。悪い結果の悪い時代から戻って来た。今週末は違う手段で仕事を始め、ダビド・ムニョス(クルーチーフ)との仕事がとても嬉しい。チームのみんなも良い仕事をしてくれた。」

「スタートでグッドなラップをすることができ、その後はとても長いレースとなったけど、表彰台に戻れたことが幸せ。勝利のようなものではないけど、それに似ている」と、戦闘力が健在あることを改めて証明した。

第3戦アンダルシアGP『MotoGP™クラス』~セレブレーション

「ヤマハにプレッシャーをかけた」

VideoPass(ビデオパス)』では、第3戦アンダルシアGPの決勝レースを含めた全セッションを完全網羅のオンデマンドで配信。

推奨記事