Tickets purchase
VideoPass purchase
News
25 days 前
By motogp.com

バレンティーノ・ロッシ、キャリアに終止符を打つことを発表

25年前にキャリア初表彰台を獲得したサーキットでシーズン末に現役から引退することを発表

9度のワールドチャンピオンに輝いたバレンティーノ・ロッシは4日、後半戦緒戦となる第10戦スティリアGPの開催地となるレッドブルリンクのプレスカンファレンスルームで記者会見を開き、レギュラー参戦26年目の今シーズンを最後にキャリアに終止符を打ち、現役から引退することを発表した。

「サマーブレイク明けに来年の去就に関する決断を下すと伝え、今シーズン末にストップすることを決めた。残念なことに、これが『MotoGP™ライダー』として最後のハーフシーズンとなる。」

「難しい。来年レースをしないと言うことは難しく、とても悲しい。30年ぐらいレースをしてきた。来年、人生が変わるだろう。しかし、最高だった。とても楽しかった。とても、とても長い旅だったし、とても、とても楽しかった。世界選手権に25年、26年参戦したから最高だった。一緒に働いてきた全ての人たちと忘れられない瞬間を過ごしたから、あまり言うことはない。それだけ。」

「とても長いキャリア。幸運なことに多くのレースに勝ったけど、忘れられない瞬間や勝利がある。純粋な喜び。1週間笑顔だった後、10日後も笑顔だったことがあった。」

「難しい。難しい決断だけど、理解する必要がある。最終的には結果が違いを生み出すと思うから、最終的に正しい形だと思う。弟と一緒に自分のチームためにレースをする機会があったから難しかったけど、これでいいと思う。シーズンの半分がある。何戦があるのか分からない。最終戦を迎えるときは、最も難しいだろう。今は自分の決断を伝えるだけ。キャリアに不満を言うことはできない。」

42歳のイタリア人ライダーは、キャリア423戦目となった第9戦TTアッセンまでに通算115勝を挙げ、9度のタイトルを獲得。来季からは主宰する若手育成の『VR46 Riders Academy(VR46・ライダーズ・アカデミー)』に加え、最高峰クラスに初めて単独参戦する『Aramco Racing Team VR46(アラムコ・レーシング・チーム・VR46)』を先導する。

バレンティーノ・ロッシが引退を発表

50%割引で提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、1992年開幕戦日本GPから第9戦TTアッセンまで約4.5本の動画をオンデマンで配信