Tickets purchase
VideoPass purchase
News
27 days 前
By motogp.com

マーベリック・ビニャーレスがアプリリア機を初騎乗

アプリリア&ビニャーレスが来季に向けて始動。ミサノで2日間のプライベートテストを実施

アプリリア・レーシングは、第14戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの開催地、ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリで31日から2日間、プライベートテスイトを開始。来季2022年シーズンに起用するマーベリック・ビニャーレスが『RS-GP』に乗り、テストを開始した。

『MotoGP™クラス』で初表彰台を獲得したアプリリアは、コンセッションの優遇措置を受けることから、年間に6度のワイルドカードを利用でき、アプリリア・レーシングの最高経営責任者マッシモ・リボラは、テスト終了後に今後の計画を企てると説明。

今回のプライベートテストには、ホームグランプリでのワイルドカードが予定されているドゥカティのテストライダー、ミケーレ・ピロ、ホンダのテストライダー、ステファン・ブラドル、KTMのテストライダー、ダニ・ペドロサミカ・カリオが参加。 2日目のテスト終了後、ビニャーレスがアプリリア機の第一印象を語るインタビューを配信。

 

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第12戦イギリスGPの全セッションと決勝レースをオンデマンドで配信