Tickets purchase
VideoPass purchase
News
8 days 前
By Ducati Lenovo Team

「今年は9月上旬の開催。競争できるはずだ」

昨年は10月中旬と下旬の開催で路面温度が低下以。今年は例年よりも2週間早い開催

ドゥカティ・レノボ・チームジャック・ミラーは、第12戦イギリスGPで4位。総合5位を維持すると、今週末は2019年に3位表彰台、2022年に9位と接触転倒によるリタイヤを強いられたモーターランド・アラゴンで第7戦カタルーニャGP以来となる表彰台、第5戦フランスGP以来となる優勝を狙う。

「モーターランド・アラゴンで走れることに興奮している。昨年の2連戦は簡単ではなかった。10月の開催となり、路面温度が低かったことはあまり助けにならなかった。今回は9月上旬の開催となり、トラックコンディションは大きく違う。それに、デスモセディチGPは過去に困難だったトラックで戦闘力になれることを証明したから、楽観的だ。」

「全体的にサーキットが気に入っている。2019年には表彰台に登ったから、最初から良い仕事をすれば、再び競争できるはずだ」と上位争いに自信があることをサーキット到着後に語った。

 

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第13戦アラゴンGPのフリー走行1から決勝レースまで全セッションを完全網羅の生中継で配信