Tickets purchase
VideoPass purchase

ペルジーニがシーズン3度目のポールポジション奪取

ペルジーニがシーズン3度目のポールポジション奪取

ペルジーニがシーズン3度目のポールポジション奪取

シーズンラスト2戦目となる第15戦オーストラリアGPの予選2日目が18日、フィリップアイランドで行われ、ステファーノ・ペルジーニがポールポジションレコードでトップグリッドを奪取した。

晴天に恵まれ、気温20度、路面温度30度と予選初日より気温が上昇。風がやや強いコンディションの下、ランキング2位を争うペルジーニとアレックス・デ・アンジェリスがセッション終盤にポールポジションバトルを展開。ラスト2分に2001年にマヌエル・ポジャーリが樹立したサーキットベストラップを0.395秒上回る1分37秒342で、6戦ぶりのポールポジションを奪った。

ミカ・カリオが2戦連続の3番グリッドを獲得。ケーシー・ストーナーが唯一、暫定フロントローをキープして、明日は4番グリッドから地元レースに挑む。

暫定1、2位だったホルヘ・ロレンソとエクトル・バルベラの2人は予選初日のタイムを更新できず、5、6番グリッド。以下、全戦ポイントゲッターのミルコ・ジャンサンティとランキング2位を狙うアンドレア・ドビツィオーゾがセカンドローに並ぶ。

過去2度の優勝経験がある東雅雄は17番グリッド。予選初日より2.6秒以上のラップタイムを更新した宇井陽一は20番グリッドだった。

Tags:
125cc, 2003, SKYY VODKA Australian Grand Prix

Other updates you may be interested in ›