Tickets purchase
VideoPass purchase
News
25 days 前
By Team Suzuki Ecstar

エスパルガロ兄、バレンシア経由バルセロナ入り

プライベートテストでフィーリングが高まり、昨年ポールポジションを獲得したホームレースに挑戦。

チーム・スズキ・エクスターのアレイシ・エスパルガロは、前戦イタリアGPで6番グリッドから9位に進出した後、25日から2日間、最終戦バレンシアGPの開催地、リカルド・トルモ・サーキットでシーズン中2度目のプライベートテストを実施。昨年ポールポジションから転倒リタイアを喫したホームレース、第7戦カタルーニャGPに向けて準備を進めた。

「バルセロナのレースは、いつもマジックだ。僕はサーキットの近くで生まれ、育ち、学校に通っていた頃は、授業中にエンジン音が聞こえていたから、感動的なレースになるだろう。ここ数戦で、非常にポジティブなセットアップが見つかり、戦闘力が大きく高まった。」

「2日間のテストは、バルセロナでさらに検証するオプションを与えてくれたけど、全体的なフィーリングはグッドだ。さらに良くなる自信がある。バイクも昨年から大きく改良され、エンジンのパフォーマンスはすごく良くなったから、問題だった加速で苦しまなくなった」と、週末の期待を語った。