Tickets purchase
VideoPass purchase
News
26 days 前
By Team Suzuki Ecstar

ビニャーレス、ニュースペックのシャーシを投入

オフィシャルテストの成果から進化型シャーシの実践投入を決断。

チーム・スズキ・エクスターのマーベリック・ビニャーレスは、前戦カタルーニャGPで4位を獲得した後、バルセロナ‐カタルーニャ・サーキットに延滞して、オフィシャルテストに参加すると、標準型と進化型のシャーシ比較検証に専念。3番時計を記録して、進化型シャーシの実践投入を希望した。

今週末は、フル参戦1年目の2011年から優勝(125ccクラス)、優勝(Moto3™クラス)、2位(Moto3™クラス)、2位(Moto2™クラス)を獲得。昨年9番グリッドから10位に進出したTTアッセン・サーキットで、10ポイント差の総合4位に挑戦する。

「ニューシャーシに応じたベストなセットアップに仕上げる必要がある」

「月曜のテストは、ニュースペックのシャーシのポテンシャルを検証するのに非常に有効的だった。ここ数戦はリアグリップに苦しんで来て、見つかったセットアップはより効果的にトラクションを探すことに役立つようだ。ライディングスタイルを考えれば、これは重要な前進だ。」

「僕たちはコンスタントに技術的な進歩を遂げている。僕たちはコンスタントにトップライダーたちと闘っているけど、ベターなポジションを獲得するためには、適切な闘う必要があり、そこがまだ少し不足している。アッセンは、重要でタフなレースになるだろう。ニューシャーシに応じたベストなセットアップに仕上げることにトライしなければいけない」と、進化型シャーシの初投入を説明した。