Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By Red Bull MotoGP Rookies Cup

レッドブル・ルーキーズ・カップ:佐々木がチャンピオン獲得に挑戦

2012年から5年連続の開催、5年連続の最終戦に指名されたアラゴンで、総合1位の佐々木が開催10周年記念大会で日本人初の王者を目指す。

レッドブル・ルーキーズ・カップのシーズン7戦目、最終戦となるスペイン・アラゴン大会は今週末、第14戦アラゴンGPの併催として、モーターランド・アラゴンで開催。世界13ヶ国から集結する24名のヤングライダーたちが、将来の世界舞台進出を目指し て挑戦する。

前戦サンマリノ・ミサノ大会で今季最多となる3勝目、8レース連続10度目の表彰台を獲得したポイントリーダーの佐々木歩夢(15歳)は、残り2レース、50ポイントの争いの中、31ポイント差のアドバンテージを持って、昨年6番グリッドから4位と2位に進出した当地に乗り込む。

逆転を目指すのは、地元スペイン出身の2人。31ポイント差の総合2位アレックス・ヴィウ(スペイン/15歳)と46ポイント差の総合3位ラウール・フェルナンデェス(スペイン/15歳)。

負傷により前戦を欠場したマルク・ガルシア(スペイン/16歳)は、総合4位が決定すれば、総合5位の鳥羽海渡(16歳)は、トップ5を確実にして、シーズンを締め括り、2戦4レースが残っているMoto3™ジュニア世界選手権に弾みを付けたいところ。

総合13位の小椋藍(15歳)は、ダブル参戦するシェルアドバンス・アジア・タレント・カップの中国大会で6番グリッドから第1レースで今季2勝目、第2レースで3位表彰台を獲得。ポイントリーダーを射程圏に捉える総合4位に浮上した勢いに乗って、当地に初挑戦する。

当サイトでは、24日の第1レース(日本時間23時30分)、25日の第2レース(22時30分)を生中継で配信する。