Tickets purchase
VideoPass purchase
News
29 days 前
By Octo Pramac Yakhnich

ペトルッチ「本当に申し訳ない」

チームメイトの転倒を引き起こす無責任な走行により、ライドスルーのペナルティが科せられた。

オクト・プラマック・ヤクニックのスコット・レディングは、第14戦アラゴンGPの決勝レースで、3列目9番グリッドからスタートしたが、1ラップ目にチームメイトのスコット・レディングと接触。レースディレクションは、転倒を引き起こす無責任な走行と判断したことから、ライドスルーのペナリティを受け、17位で完走した。

「僕の責任。スコットに対して起きてしまったことは、本当に申し訳ない。バイクに問題があり、正しくブレーキができず、ワイドになってしまい、不運にもスコットにぶつかってしまった。ヘビーなタッチではなかったと感じたけど、トラックの外にプッシュするには十分だった。本当に恥ずかしい。怒りを感じる。謝りたい。その後のレースは本当に厳しかった」と、転倒の原因となった接触を説明した。

ペトルッチは、第10戦オーストリアGPの決勝レースでユージン・ラバティと接触。転倒を引き起こす無責任な走行と判断し、1ポイントとグリッドを3つ降格するペナルティを受けていた。