Tickets purchase
VideoPass purchase
News
20 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ロッシ「グッドな作戦だった」

最後にタイトルを獲得した2009年以来、7年ぶりとなるシーズン11度目の1列目を獲得。

Support for this video player will be discontinued soon.

公式予選インタビュー

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第17戦マレーシアGPの公式予選でポールポジションタイムから0.246秒差の2番時計。明日の決勝レースを今季11度目の1列目から迎える。

初日総合5番手だった後、2日目はフリー走行3で0.160秒差の4番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、2度のコースインで12ラップを周回すると、2分13秒台を2回、2分12秒台を3回記録して、0.889秒差の8番手。

「異なるアプローチを仕掛け、走り続けることを決断した」

「1列目からのスタートは、いつも良い気分。レースに向けて重要だ。今日はグッドな1日となり、最初から良い感じがあった。誰もがドライレースを望んでいると思う。僕たちはグッドなファイトができ、速いけど、トップ4は似たようなペースで非常に接近している。」

「路面はグレートなグリップがあるけど、乾くのに時間が必要だ。プッシュできるけど、ウェットパッチがあるから集中しなければいけない。フルウェット、フルドライなら、グッドなペースがある。」

「予選に向けて異なるアプローチを仕掛けた。15分間でウェットタイヤを限界に持って行くことは難しいから、走り続けることを決断した。最後に2番手に進出したから、グッドな作戦だった」と、2日目を振り返り、予選の戦略を説明した。

"I feel good on the bike in wet or dry conditions"????// @valeyellow46 #MalaysianGP

MotoGPさん(@motogp)が投稿した写真 -