Tickets purchase
VideoPass purchase
News
11 days 前
By motogp.com

エスパルガロ兄「目標はトップ8~10入り」

フル参戦12年目を迎える27歳のスペイン人ライダーが、インディペンデントチーム勢の最高位進出に挑戦。

アプリリア・レーシングのアレイシ・エスパルガロは、アプリリアのヘッドクオーターで開催された2017年のレース活動発表に出席した際に、スペインの報道陣を対象としたメディアスクラムで、プロトタイプマシン、RS‐GPの戦闘力を説明。昨季総合12位に進出したアルバロ・バウティスタが最終戦バレンシアGP直後に発言した「僕たちは公式予選2に進出するまで戦闘力を高めた」と、発言したことを引き合いに出し、新天地での目標をインディペンデントチーム勢の最高位進出に設定した。

「アルバロ(・バウティスタ)は、開発において素晴らしい仕事をしたけど、彼が発言したようなレベルではない。彼が公式予選2に進出したのは、何かが発生したから。ドライでは、このバイクで公式予選2に100%進出することはできない。今年はレベルがさらに高まる。簡単なことではないけど、最低限の目標はトライすることだ。」

「スズキは旋回性が良いけど、アプリリアは非常にフィジカルなバイク。だけど、非常に安定感がある。これは驚きだった。問題は、他車のポテンシャルが高いこと。ポテンシャルを高める必要があり、最初のテストから少し改善されたけど、ライバルたちはテスト毎にポテンシャルが高まっている。」

「他車は1ラップにそのポテンシャルを使用することができ、リアタイヤが消耗する。アプリリアはタイヤの消耗が低い代わりに、レース終盤で補う。僕は1ラップで闘いたいけど、このバイクはレース用にセッティングされている。」

「マレーシアではレースシミュレーションを実施し、後半のグリップには驚いた。アルバロのレースパフォーマンスを検証すると、終盤に戦闘力があった。オーストラリアでもロングランを実施し、ペースは非常に良かった。これはグレートなニュースであり、楽観的にさせてくれる。上位陣に対して、非常に接近しているから、正しい方向に接近している。」

「目標は、アプリリアの前にプライベート勢を1台も前に行かせないこと。チャンピオンシップでトップ8~10に進出することだ」と、インディペンデントチーム勢の最高位進出に挑戦することを宣言した。

My new rocket! / Il mio nuovo missile! ???? @aprilia_official

Aleix Espargaroさん(@aleixespargaro)がシェアした投稿 -