Tickets purchase
VideoPass purchase
News
11 days 前
By Ducati Team

ドビツィオーソ「簡単にタイムが出た」

2年連続して2位表彰台を獲得した緒戦の舞台で、唯一1分54秒台に進出。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、開幕戦カタールGPの開催地、ロサイル・インターナショナル・サーキットで始まったオフィシャルテスト1日目に1番手に進出。幸先のスタートを切った。

セパン・インターナショナル・サーキットのオフィシャルテストで総合4番手、フィリップアイランド・サーキットのオフィシャルテストで総合7番手だった後、昨年の緒戦で6番グリッドから2年連続の2位を獲得した当地に戻って来ると、7度のコースインで36ラップを周回して、1分56秒台を7回、1分55秒台を5回、1分54秒台を2回記録。昨年樹立されたサーキットレコードラップ(1分54秒9271)を非公式ながら更新する1分54秒819の1番時計を刻んだ。

「ロサイルでのテスト初日は、デスモセディチGPの本当に良いフィーリングがあった。期待以上だった。感触はマレーシアと同等にポジティブだった。興味深いセットアップの異なるタイプにトライし、重要なフィードバックを与えた。今日はみんなが速かったけど、とにかく、非常に簡単にタイムをマークすることができた。まだ幾つかの分野の改善が必要だけど、このような形でテストが始まったのは、残りの2日間でやるべき仕事に対して、大きく役立つ」と、好発進した初日を振り返った。

Support for this video player will be discontinued soon.

オフィシャルテスト~1日目インタビュー

推奨記事