Tickets purchase
VideoPass purchase
News
20 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ロッシ「明日、幾つかの修正を試す」

週末2度目のマシンストップ後に挽回して公式予選2に直接進出したが、ウェットの予選で1.3秒差の9番手。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第9戦ドイツGPの公式予選で、トップタイムから1.367秒差の9番手。明日の決勝レースを今季3度目の3列目から迎える。

初日はドライで16番手、ウェットで15番手、総合16番手。2日目は、フリー走行3で週末2度目となるマシンストップに見舞われたが、0.566秒差の6番手まで挽回して、公式予選2に直接進出。フリー走行4は、0.655秒差の12番手。

「ドライではそれほど悪くない。ペースは上位陣からそれほど離されていないけど、ウェットだと苦しんでしまう。アッセンでは戦闘力があったから、期待していなかった」

「ここまでの週末は難しい。今年は沢山のことが起きてしまった。バイク、特にタイヤのフィーリングがトラックごとに変わってしまった。これは大きな驚きで、時々ポジティブになれば、ネガティブにもなってしまう。ドライではそれほど悪くない。ファンタスティックではないけど、僕のペースは上位陣からそれほど離されていない。」

「ウェットだと苦しんでしまうのは不運だった。フォルガーを除いて、ヤマハ勢がそのような状態で、先週のアッセンではウェットで戦闘力があったから、これは期待していなかった。今回は難しい。明日に向けて強くなるために、幾つかの修正を試す必要がある」と、ドライとウェットの2日目を振り返った。