Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By Ducati Team

ドビツィオーソ「明日は最初から始めないと」

午前午後共に2度のコースインで合計15ラップを周回。ドライが予報される2日目はゼロからのスタート。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、第14戦アラゴンGPの初日、フリー走行1で9ラップを走ってトップタイムから1.850秒差の10番手。フリー走行2は、6ラップを走って1.104秒差の8番手。

「各セッションの始まりに雨が降り始めたから、あまり幸運ではなかった。事実上、役に立たない1日になってしまった。電子制御を少しだけ調整したけど、水の量が少なく、タイヤが早く消耗してしまうから、トップ10に進出するために、数ラップだけ走った。明日は最初から始めなければいけない」と、4度のコースインで合計15ラップの周回に止まった理由を説明した。

最高峰クラスに参戦するライダーたちのオフィシャルマーチャンダイズをチェックしよう!