Tickets purchase
VideoPass purchase
News
9 days 前
By motogp.com

フリー走行1:バスティアニーニが1番手発進

カネト、マルティン、マックフィー、ベツッツキがトップ5入り。鳥羽は8番手。鈴木と佐々木は転倒。

開幕戦カタールGPのフリー走行1は16日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、昨年総合6位のエネア・バスティアニーニが昨年9月の第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP以来となるトップタイムをマーク。シーズン最初のセッションを制した。

気温32度、路面温度47度のドライコンディションの中、フル参戦5年目を迎える20歳のイタリア人ライダーは、2分07秒741の1番時計を刻み、総合3位のアロン・カネトは、0.009秒差の2番手。総合4位のホルヘ・マルティンは、0.021秒差の3番手。

総合7位のジョン・マックフィー、マルコ・ベツッツキ、アンドレア・ミニョ、ファビオ・ディ・ジャンアントニオが続き、総合30位の鳥羽海渡は1.082秒差の8番手発進。ヤコブ・コーンフィール、ロレンソォ・ダッラ・ポルタがトップ10入り。

総合14位の鈴木竜生は、セッション終了間際に転倒を喫して、1.427秒差の15番手。総合20位の佐々木歩夢は、開始早々に転倒を喫して、1.646秒差の21番手。新人の真崎一輝は、1.967秒差の24番手だった。

Support for this video player will be discontinued soon.

Moto3™クラス‐フリー走行1