Tickets purchase
VideoPass purchase
News
8 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

トップ10入りを目指したロッシ「目標を達成」

19日前に実施したプライベートテストと初日を比較し、2日目の課題を説明。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのフリー走行1で15番手。フリー走行2は、4度のコースインで21ラップを周回すると、1分33秒台を5回、1分32秒台を1回記録して、トップタイムから0.588秒差の8番手まで挽回した。

「今日はトップ10以内に進出することが非常に重要だった。セッションの最後にタイムが伸びて目標を達成。テストと比べて、バイクの快適さを感じる。その時よりも少し速いけど、幾つか問題がある。特にブレーキング。バイクのバランスを改善しなければいけない。」

「正しいタイヤ選択が難しくなると予想していたけど、トラックはテスト時よりもグリップが低いことから、難しくなっている。グッドなレースをするために、まだやるべき仕事が残っている」と、初日を振り返った。

特別価格で提供中の『VideoPass』では、92年の開幕戦日本GPから18年第12戦イギリスGPまでオンデマンドで配信。第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPから最終戦バレンシアGPまで生中継を提供。