Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By motogp.com

KTMが参戦3年目のチーム体制を発表

エスパルガロ弟&ザルコを起用する19年プロジェクトを始動。

KTMのファクトリーチーム、レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシングは12日、KTMの本社があるオーストリア・マッティヒホーフェン市内のシティーホールで、レッドブル・KTM・テック3、レッドブル・KTM・アジョと共同でチーム発表会を実施。最高峰クラス参戦3年目に起用するポル・エスパルガロヨハン・ザルコがプロトタイプマシン、RC16のカラーリングを公開した。

所属3年目を迎える27歳のスペイン人ライダー、エスパルガロ弟は、「僕たちは今年大きな目標を設定する。ヨハンはチームの上手く溶け込み、既に速い。これはシーズンに向けて準備が整っていることを意味する。ミゲール・オリベイラは前回のテストで速かった。新人としては驚きのパフォーマンスで、ハフィス・シャリンは懸命に働いていることを知っている。」

「テック3から供給される全ての情報は、僕とチーム、全てのエンジニアたちにとって役立つだろう。僕の経験からテック3はバイクの開発に役立ち、ライダーを助け、指導するグッドなチームだ。」

「19年は進歩のシーズンとなるだろう。誰も完璧ではない。僕は毎年学習する。僕はベターなライダーになり、良い仕事をするためにチームメイトのヨハンから学ぶことができる。ベストを尽くしたい」と、抱負を語った。

新加入した28歳のフランス人ライダー、ザルコは、「この場にいることが嬉しい。ファクトリーチームの発表会に出席することは今回が初めて!1月にKTMのファクトリーとマッティヒホーフェンを初めて訪れ、大変印象的だった。」

「幾つかのテストを終え、僕はとても嬉しい。チームから信頼を感じる。この信頼を感じることはナイスだ。僕たちは良い仕事をした。モチベーションは高い。テストで大きな改良を果たしても、僕たちは次のステップに向けて、やるべきことが沢山あるから、仕事を継続する。僕たちができることを信じる。僕は速いライダーだから良い情報を提供できると言えるだろう。KTMの歴史の一部になれることを誇りに思う」と、心境を語った。

ビデオパス』では、レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシングが参加するオフィシャルテストからビデオコンテンツを提供。