Tickets purchase
VideoPass purchase
News
14 days 前
By motogp.com

アビンティア「中量級に注目しているライダーが数人存在します」

序盤6戦を終了して4ポイントを稼ぎ、チーム部門の最下位に位置するチームの現状を説明。

レアーレ・アビンティア・レーシングのスポーティングディレクター、ルベン・チャウズは、ムジェロ・サーキットで開催された第6戦イタリアGPの際に国際中継のインタビューに応え、チームの現状を説明。

「今シーズンの競争力は非常に強烈で、全ライダーが大変接近しています。全てのチームがファクトリー、セミファクトリーですが、我々は彼らに接近しています。我々のバイクは、アンドレア・ドビツィオーソとホルヘ・ロレンソが昨シーズン使用し、フランセスコ・バグナイアが走らせるバイクと同じで、グランプリ毎にパフォーマンスが向上しています。チームとして戦闘力が高まり、2人のグッドなライダーを起用しますが、競争力は非常に高いです。」

「我々のライダーたちは、非常に強力なスズキ勢、アプリリア勢、KTM勢と対戦して、常に12位から16位に進出しています。幸運に恵まれれば、早い時期にトップ10以内に進出するでしょう。」

「来年のオプションはドゥカティです。良好な関係にあり、ドゥカティ車を長く使用していることから、彼らのDNAを良く理解し、快適さを感じていますが、他のオプションがあります。現時点では、ドゥカティとの間で2年契約を締結していることから、将来を確認しましょう。」

「我々が使用するバイクは、本当に素晴らしいです。そのことは明白であることから、将来若いタレントがチームに加入することが保証されます。我々の視線は中量級に向かい、注目しているライダーが2、3人います。2年以内に、その中の1人が我々のバイクを走らせることを期待します」と、中量級から将来有望なライダーを昇格させることを示唆した。

30%割引で提供中の『ビデオパス』では、高画質&臨場感あふれる映像で、第7戦カタルーニャGPから最終戦バレンシアGPまで完全生中継で配信!