Tickets purchase
VideoPass purchase
News
21 days 前
By motogp.com

ホンダが世界選手権参戦60周年のスペシャルカラーを発表

「Honda Racing アニバーサリー・イヤー」として、ホンダ・チーム・アジアの鳥羽と小椋が世界選手権初優勝マシンのカラーリングで登場。

本田技研は、1959年6月3日にマン島で開催された開幕戦ツーリストトロフィー(125ccクラス)に日本の二輪メーカーとして初めて世界選手権に参戦。

今回、初参戦から60年の節目を迎え、「Honda Racing アニバーサリー・イヤー」として、記念イベントを実施。最初のイベントとして、27日にTT・サーキット・アッセンのグリッド上で軽量級に参戦するホンダ・チーム・アジアと所属する鳥羽海渡小椋藍が61年に初優勝を挙げたマシン、RC143のカラーリングを施したMoto3マシンを披露。

第8戦TTアッセン初日の28日は、レプソル・ホンダ・チームのホスピタリティで共同会見を開催し、61年にホッケンハイムで開催された西ドイツGPで日本人として初優勝を挙げた高橋国光、85年に史上初の2クラス制覇を果たしたフレディ・スペンサー、94年から5年連続してチャンピオンに輝いたミック・ドゥーハン、今季総合1位に進出するマルク・マルケス、ホンダレーシング取締役レース運営室室長の桒田哲広、国際モーターサイクリズム連盟会長のホルヘ・ビエガス、ドルナスポーツ最高経営責任者のカルメロ・エスペレータが出席。

決勝レース日の30日には、高橋国光RC142(59年マン島TTレース参戦車の復刻車)、ミック・ドゥーハンNSR500(89年モデル)にそれぞれ乗り込み、最高峰クラスの決勝レース前にデモランを実施する。

30%割引で提供中の『ビデオパス』では、高画質&臨場感あふれる映像で、第8TTアッセンのフリー走行1から決勝レースまでノーカットの完全生中継で配信。