Tickets purchase
VideoPass purchase
News
21 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

初日総合1番手発進のビニャーレス「バイクが機能する」

路面温度が40度を越えた中で最多の周回数を走り、最速ラップと最速タイムを記録。

モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、第8戦TTアッセンのフリー走行1で2番手。フリー走行2は、3度のコースインで最多の23ラップを周回すると、1分33秒台を最多の8回、1分32秒台を最多の2回記録。今季6度目の1番時計を刻み、今季3度目の初日総合1番手に進出した。

「フィーリングは前戦に非常に似ている。僕のライディングスタイルが良くなり、これがここアッセンで少し利益をもたらせてくれたと思うけど、まだ金曜だ。決勝レースに向けて、懸命に仕事を続けなければいけない。」

「グッドなリザルを獲得して、グッドな勢いをつけることが非常に重要だから、そのためにベストを尽くす。プッシュしよう。」

「幾つかの分野において、改良が必要だから、明日はそのことにトライしよう。僕たちの焦点は決勝レース。序盤の数ラップだから、前戦と同じように働き、ここでも機能するか確認しよう。」

「明日は1列目にトライ。そして、グッドなスタートを切ろう。ペースをもう少し良くするために、幾つかのことを試すつもり。何ができるのか楽しみだけど、今日はグッドな1日となった。ハードタイヤを履いたバイクのフィーリングは良かった。これはバイクが機能することを意味する」と、会心のスタートダッシュを決めた初日を振り返った。

30%割引で提供中の『ビデオパス』では、高画質&臨場感あふれる映像で、第8TTアッセンの全セッションをノーカット完全生中継で配信。