Tickets purchase
VideoPass purchase
News
25 days 前
By Team SUZUKI ECSTAR

公式予選1から這い上がったリンス「勝利に向けて闘おう」

今季4度目の公式予選1で1番手通過した後、今季最高位となる3番手に進出。

チーム・スズキ・エクスターのアレックス・リンスは、第8戦TTアッセンの公式予選2で3番時計を記録。明日の決勝レースを昨年11月の最終戦バレンシアGP以来となる1列目から迎える。

初日に4番手と5番手に進出した後、2日目はフリー走行3で11番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、2度のコースインで15ラップを周回すると、1分33秒台を7回記録して3番手。

「公式予選1から這い上がって来るのは辛かった。公式予選2に進出するために、110%でアタックすると、強さを感じた。リアに中古タイヤを履いて、公式予選2を始めると、ベストタイムをマークしたから、ワオという感じだった。新品タイヤに履き替えれば、もう少し良くなることが分かっていて、実際にコンマ数秒ほどラップタイムを伸ばすことができた。」

「明日に向けて、考えはハッキリしている。ハードなレースになるだろう。しかし、僕たちは良い仕事をするだろう。金曜から最善の手段で仕事を進めてきた。」

「勝利に向けて闘おう。グッドなリズムがある。ヤマハの2台は本当に強い。もし昨年のように7人のグループにならなくても、5、6人のグループが形成されるだろう。これはタフだ」と、今季2勝目に挑戦することを力強く語った。

30%割引で提供中の『ビデオパス』では、高画質&臨場感あふれる映像で、第8TTアッセンの決勝レースをノーカット完全生中継で配信。