Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By motogp.com

KTMがビンダーの最高峰クラス昇格を検討

オリベイラに続き、レッドブル・ルーキーズ・カップ出身のビンダーを中量級から昇格させるため、交渉を開始したことを明かす。

KTMのモータースポーツディレクターを務めるピット・バイラーは、第9戦ドイツGPフリー走行2のセッション中に国際中継のピットロードインタビューに応え、一部のメディアで報道されたブラッド・ビンダーの最高峰クラス起用に関して状況を説明した。

「ドイツのメディアに話した内容を手短に説明します。それは、ビンダーとの間で締結した契約において、来年も我々と一緒に参戦することを保証するオプションを施行するという考えです。」

「過去には、このようなオプションを使用したことがありますが、それは(軽量級から昇格させて)中量級で起用することでした。彼とは一歩前進することに関して話し合いを持ちましたが、サインを交わしていません」と、南アフリカ人ライダーが最高峰クラスに昇格する可能性があることを説明。

KTMは、ファクトリーチームで起用するポル・エスパルガロヨハン・ザルコとの間で19年から2年間の契約を昨年結び、今年5月には、サテライトチームから参戦するミゲール・オリベイラとの間で契約期間を20年末まで延長することで合意していた。

30%割引で提供中の『ビデオパス』では、高画質&臨場感あふれる映像で、第9戦ドイツGPの全セッションをノーカットの完全生中継で提供。