Tickets purchase
VideoPass purchase
News
6 days 前
By motogp.com

MotoE™ワールドカップ~トゥーリがポールポジションを奪取

ガルソ、グラナドが1列目に進出。初日総合1番手のディ・メッリオは4番手。

開幕戦ドイツ大会の公式予選、『E-Pole(E-ポル)』は6日、ザクセンリンクで行われ、フリー走行総合2番手のニキ・トゥーリが最速時計を記録し、オープニングレースのポールポジションを奪取した。

フリー走行総合3番手のエクトル・ガルソは、0.787秒差の2番手。フリー走行総合6番手のエリック・グラナドは、0.798秒差の3番手に入り、1列目を獲得。フリー走行総合1番手のマイク・ディ・メッリオは4番手。

初日に実施されたフリー走行の総合タイムでスタート順が決まり、最初にスタートしたフリー走行総合18番手のマリア・エレーラとフリー走行総合4番手のイェスコ・ラフィンは、時間以内にピットレーンからスタートしなかったことから黒旗失格となった。

決勝レースの周回数は8ラップ。明日の現地時間10時00分、日本時間17時00分にスタートする。

30%割引で提供中の『ビデオパス』では、『FIM Enel MotoE™ World Cup』の決勝レースをノーカットの完全生中継で提供。