Tickets purchase
VideoPass purchase
News
2019-07-29
By motogp.com

Moto3™クラスプレビュー

前半戦で優勝、表彰台争いを繰り広げた日本勢。鳥羽、鈴木、小椋、佐々木、真崎が後半戦の緒戦で上位進出を狙う。

第10戦チェコGPは、ブルノ・サーキットこと、アウトモトドローム・ブルノで8月2日に初日、4日に決勝レースを開催。前戦ドイツGPでキャリア初優勝を挙げたロレンソォ・ダッラ・ポルタが初めてポイントリーダーとして登場。昨年10位だった当地でライバルたちの挑戦を受ける。

前戦の3位で2ポイント差の総合2位に後退したアロン・カネトを筆頭に、前戦の12位で38ポイント差に引き離された総合3位のニッコロ・アントネッリ、2位獲得で総合4位に浮上したマルコス・ラミレス、今季2勝を挙げた総合5位のトニー・アルボリーノ、地元出身のヤコブ・コーンフィールらがダッラ・ポルタに挑戦。

4戦連続の転倒リタイアで総合10位まで後退した鳥羽海渡は、後半戦の緒戦で仕切り直しを図り、3戦連続して日本勢の最高位に進出した総合12位の小椋藍、総合16位の鈴木竜生、総合21位の佐々木歩夢、総合22位の真崎一輝は表彰台、シングルフィニッシュを狙う。

Moto3™クラス‐決勝レース‐ハイライト

50%割引で提供中の『ビデオパス』では、後半戦の緒戦となる第10戦チェコGPから最終戦バレンシアGPまで全カテゴリー全セッションを完全生中継で提供。

推奨記事