Tickets purchase
VideoPass purchase
News
16 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

白煙を上げたロッシ「エンジンが壊れてしまった」

3戦ぶりとなる公式予選2直接進出に向けて、コンマ7秒差の初日総合9番手。

モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPバレンティーノ・ロッシは、第10戦チェコGPのフリー走行1で10番手。フリー走行2は、YZR-M1から白煙が上がる技術的な問題が発生したが、4度のコースインで16ラップを周回すると、1分57秒台を3回、1分56秒台を1回記録して、トップタイムから0.725秒差の9番手に浮上した。

「1号車のエンジンに問題があった。少し古かった。何が発生したのか分からないけど、壊れてしまった。明日の天気予報は最高ではないから、トップ10以内に進出することが重要で、僕は9番手だから、明日の天候を待つことができる。もし、ウェットなら、公式予選2に進出することになる。」

「ウェットにならなければ、プッシュしなければいけないけど、ペースとラップタイムはそれほど悪くない。初日としてとても良かった」と、技術的な問題が見舞われたが、上々にスタートとなったことを説明した。

Support for this video player will be discontinued soon.

ロッシ「もしかしたら、走行距離かもしれない」

50%割引で提供中の『ビデオパス』では、第10戦チェコGPの全セッションを完全生中継で提供。