Tickets purchase
VideoPass purchase
News
14 days 前
By LCR Honda CASTROL

3年連続の5位まで挽回したクラッチロー「トップ5入りを喜ぶべき」

3年前に優勝を挙げたブルノで11番グリッドから6人抜きを果たし、総合9位から8位に浮上。

LCR・ホンダ・カストロールカル・クラッチローは、後半戦の緒戦となった第10戦チェコGPの決勝レースで4列目11番グリッドから6.007秒差の5位。総合9位から8位に浮上した。

「最初の3ラップで既にトップから3.8秒差。オーバーテイクができず、大きくタイムロスしてしまった。もしかしたら、ダニロ・ペトルッチとバレンティーノ・ロッシの後ろで大きく時間を失ってしまったかもしれないけど、ベストを尽くした。グッドなペースで走り、グリッドを考えれば、この結果には喜べる。」

「グッドなスタートが切れ、グッドなレースだった。上位陣とのギャップを考えて、リアにソフトタイヤを使ったけど、路面状態は非常に悪く、大きなストレスがかかってしまった。」

「チームとホンダは良い仕事をしてくれ、バイクのフィーリングは週末を通じて良くなく、予選が良くなかった後で、トップ5入りを果たした結果を喜ばないといけない」と、6人を抜いた決勝レースを振り返った。

50%割引で提供中の『ビデオパス』では、第10戦チェコGPの決勝レースをオンデマンドで提供。