Tickets purchase
VideoPass purchase
News
11 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

20年型バイクを初試乗したロッシ「これはファーストタッチだ」

7か月後に開幕する来季20年に向けて始動。8月下旬のオフィシャルテストで2度目のテストに取り組む。

モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPバレンティーノ・ロッシは、ヤマハ勢の最上位となる6位に進出した後半戦の緒戦、第10戦チェコGPの開催地、アウトモトドローム・ブルノに延滞して、オフィシャルテストに参加。

予定通りにヤマハ発動機が準備した20年型のプロトタイプマシンを初試乗すると、現行型のテストプログラムにも取り組んで、63ラップを周回。1分57秒台を13回、1分56秒台を6回記録して6番手だった。

「沢山の仕事に取り組み、幾つか良いことが見つかったからグッドな1日、グッドなテストとなった。僕たちはニューバイクのプロトタイプを試したけど、正直、大きな変更はなかった。エンジンは異なる。シャーシのセッティングは若干異なるけど、これはファーストタッチで、既に良い。」

「その後、19年型スタンダードバイクの仕事に取り組んだ。20年型バイクには幾つか良いところがあり、ミサノで改めてテストが必要なところがある。これが期待していること。まだ試運転だ。次のテスト、残りのシーズンに向けて、何か投入されるかもしれない」と、第一印象を語り、8月29日と30日にミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリで開催されるオフィシャルテストで2度目のテストを予定していることを説明した。

50%割引で提供中の『ビデオパス』では、オフィシャルテストのハイライトを配信。