Tickets purchase
VideoPass purchase
News
17 days 前
By motogp.com

レッドブルリンクで25年まで開催

21年からの5年契約を締結し、オーストリアGPの継続開催が決定。

ドルナスポーツは10日、オーストリアの飲料水メーカー、レッドブルとの間で、レッドブルリンクでのチャンピオンシップ開催に関して合意。21年から25年までの5年契約を締結した。

14年11月、両社は16年からの開催に関して合意。97年以来17年ぶりにオーストリアGPが開催日程に復帰すると、毎年20万人を超える観客数を記録していた。

ドルナスポーツの最高経営責任者カルメロ・エスペレータは、「少なくても25年まで、このトラックでの開催を発表できることを嬉しく思います。誰もが世界で最も美しいサーキットの1つであると認識し、我々はここでレースができることが嬉しいです。」

「KTMのホームトラックであり、オーストリアのメーカーとモータースポーツにとって重要な週末でもあります。施設は素晴らしく、観客席は満席。シュピールベルクの雰囲気は唯一です。長く一緒に仕事ができることを楽しみにしています」と、契約更新を歓迎。

レッドブルの創業者で最高経営責任者を務めるディートリヒ・マテシッツは、「私にとって世界で最も魅力的なレーシングシリーズであり、最も純粋なモータースポーツを提供します。今年で開催4年目となりますが、興奮と熱意に変わりはありません。20年を超え、さらに5年間チャンピオンシップを迎えることを光栄に思います。」

「レーストラックの観戦経験とセアヴスTVの視聴を確保するため、契約延長は、この魅力的なスポーツに対する長期的なコミットメントであり、カルメロ・エスペレータに対する個人的な感謝の表明です」と、契約更新の理由を説明した。

50%割引で提供中の『ビデオパス』では、第11戦オーストリアGPの全セッションをノーカットの完全生中継配信。オフィシャルアプリを利用すれば、いつでも、どこでも、観たいときに『ビデオパス』の視聴が可能。