Tickets purchase
VideoPass purchase
News
30 days 前
By motogp.com

ザルコの決断に理解を示すロッシ「僕もストップすることを考えた」

ドゥカティに所属した当時の心境を打ち明け、ザルコの決断に敬意を示す。

モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPバレンティーノ・ロッシは、第12戦イギリスGPの開催前日に行われた共同会見に出席した際に、ドゥカティに所属した当時の経験を引き合いに出し、ヨハン・ザルコとKTMの契約解消に関して意見を語った。

「ドゥカティに所属したとき、(ザルコと)似たようなことを感じたことがある。僕とドゥカティに対して、外側から大きな期待があったけど、不運にもバイク、特にフロントのフィーリングが見つからなかった。」

「あのような状況に陥ってしまうと、モチベーションを失い、レースを始めるという幸せな感情を失ってしまうから非常に難しい。ネガティブなスパイラルに入ってしまうと、特にバイク走らせることが楽しくなくなってしまう。移動やメディア対応、そして眠ることも辛くなってしまう。」

「何度もストップすることを考えたけど、最終的に決して諦めないという良い決断を下した。もしストップしてしまったら、バイクを失ってしまい、このビジネスから簡単に離れてしまうことになる。最終的には、ミサノの表彰台のように何度かグッドなレースがあり、正しい決断だった。」

「正直、ザルコがストップするという決断を下したことを知ったとき、来季に向けてオプションがあるのだろうと思ったけど、そうではなかった。これは難しいことだけど、誰もが感情を持ち、決断を下す。彼は間違いなく幸せではないだろう。」

Support for this video player will be discontinued soon.

ロッシ&クラッチローがザルコの決断に関して見解

70%割引で提供中の『ビデオパス』では、第12戦イギリスGPの全セッションをノーカットの完全生中継配信。