Tickets purchase
VideoPass purchase
News
22 days 前
By British Talent Cup

ブリティッシュ・タレント・カップ~2代目王者はスコット・オグデン

タイトル争いがシーズンファイナルレースのゴールラインまで繰り広げられ、0.073秒差で決着。

ブリティッシュ・タレント・カップは、週末にシルバーストンで開催された『MotoGP™世界選手権』の併催大会として、シーズン6戦目、最終戦を行い、15歳のイギリス人ライダー、スコット・オグデンがチャンピオンに輝いた。

第1レースは、8番グリッドからスタートした総合2位のキャメロン・ホースマンが逆転を目指して今季5勝目を挙げれば、4番グリッドのオグデンは、表彰台争い中の最終ラップに技術的な問題が発生して7位。

2人のギャップが0ポイントになり、タイトル争いがシーズンのファイナルレースまでもつれ込んだ第2レースは、6人の優勝争いが繰り広げられ、オグデンが0.057秒差の2位。ホースマンが0.130秒差の3位でゴール。0.073秒差でタイトル争いに決着がついた。

2年間の当大会を主催したドルナスポーツは、英国スーパーバイク選手権を運営するブリティッシュ・モータースポーツ・ビジョン・レーシングとの間で、当大会の新しい大会方式に関して、今年5月下旬に合意。来季20年から3年間は、英国スーパーバイク選手権の『Moto3™クラス』として、6会場で20レースを開催することが決まっている。