Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By Petronas Yamaha SRT

初日総合2番手に進出したクアルタラロ「ペースは悪くなかった」

2日間のテストで総合1番手に進出した後、初日は1番手と2番手。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームのファビオ・クアルタラロは、第13戦サンマリノ・リビエラ・ディ・リミニGPのフリー走行1で今季19度目の1番手、2戦連続5度目の1番手発進。

フリー走行2は、フロント、リア共にフリー走行1の最後に使用した中古のミディアムタイヤを履いて、1分34秒台を3回、1分33秒台を4回記録した後、フロントに新品のミディアムタイヤ、リアに新品のソフトタイヤに履き替えると1分32秒台を3回記録。トップタイムから0.057秒差の初日総合2番手に進出した。

「テストと比べると、グリップが大きく低下したから非常に難しかったけど、ポジティブな1日になった。他のクラスがトラックをきれいにしてくれ、路面にラバーが残ることから、もう少し待たなければいけないだろう。」

「ソフトタイヤを履いた時のペースは悪くなかったけど、セッティングを開発させることが少し残っている。テスト時よりも少し遅いけど、同じ状況なのは僕だけでない」と、総合1番手に進出したテストと初日を比較した。

Support for this video player will be discontinued soon.

クアルタラロ「本当にストロングだ」

70%割引で提供中の『ビデオパス』では、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選と決勝レースをノーカットの完全生中継配信。