Tickets purchase
VideoPass purchase
News
6 hours 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

ホームレース4位のロッシ「これが僕たちのポテンシャル」

望んでいた表彰台争いができなかったことを悔やみ、総合5位とのギャップが広がった。

モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPバレンティーノ・ロッシは、第13戦サンマリノ・リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースで3列目7番グリッドから12.660秒差の4位。総合4位マーベリック・ビニャーレスとのギャップが2ポイント差から5ポイント差に広がった。

「ファンの歓声を聞くのは美しいことだから、表彰台争いを望んでいたけど、レースはだいたい予想通りだった。マーベリックがもう少し速く、クアルタラロがもう少し遅くなるかもしれないと思っていたけど、前の3人はベターなペースで走っていた。」

「トラックの2、3つの場所でタイムロスすることは分かっていた。週末を通じて、この問題の解決にトライしていたけど、不運にも達成できなかった。7番グリッドからのスタートは厳しい。ドビを抜いたけど、リンスに抜かれた。フランコはとても上手く走っていたから抜くことに苦しんだ。オーバーテイクが難しいトラックで、僕のペースはKTMを含めて、前にライダーたちほど速くなかったから、接近することが難しかった。」

「サマーブレイクの後、バイクの多くのことを変更したけど、これが僕たちのポテンシャルだと思う。前の3人は特にコーナーの立ち上がりで速かった。まだ何かが欠けている」と、ホームレースを振り返り、表彰台を獲得したトップ3との違いを説明した。

70%割引で提供中の『ビデオパス』では、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースをオンデマンドで配信。