Tickets purchase
VideoPass purchase
News
26 days 前
By FIM

来季20年チームエントリーリスト~中量級は15チーム

今季19年の18チーム32名から15チーム30名に変更される予定。

FIM国際モーターサイクリズム連盟は26日、来季2020年に参戦するチームのエントリーリストを発表した。

2020年にIRTA国際ロードレーシングチーム連盟との間で、参戦に関する契約を締結するために招待するチームを選択するセレクション委員会は、8月22日にシルバーストンで初会合を開き、暫定的にチームを選出。

選出されたチームは、参戦の意向を確認すると共に、9月19日までに保証金の支払いを済ませると、セレクション委員会は最終的に15チームを選出。

選出されたチームは、11月14日までに2020年に起用するライダーを確認。国際モーターサイクリズム連盟は最終戦バレンシアGPの翌日、11月18日にエントリーリストを公開する。

今回発表されたエントリーリストでは、フェデラル・オイル・グレシーニとペトロナス・スプリンタ・レーシングが1人体制から2人体制に変更。レッドブル・KTM・テック3は軽量級に転向し、キーファー・レーシングとタスカ・レーシング・スクデリアがエントリーから外れた。

20年チームラインアップ
アメリカン・レーシング:2人
ダイナボルト・インタクト・GP:2人
エストレージャ・ガリシア・0,0・マーク・VDS:2人
フェデラル・オイル・グレシーニ:2人
フレックスボックス・HP・40:2人
ガビオタ・アンヘル・ニエト・チーム:2人
イデミツ・ホンダ・チーム・アジア:2人
イタルトランス・レーシング・チーム:2人
MV・アグスタ・フォワード・レーシング:2人
NTS・RW・レーシング・GP:2人
ワンエックスオーエックス・テーケィケィアール・ストップ・アンド・ゴー:2人
ペトロナス・スプリンタ・レーシング:2人
レッドブル・KTM・アジョ:2人
スカイ・レーシング・チーム・VR46:2人
スピードアップ・レーシング:2人

※チーム名は、現時点のチーム名を使用。

70%割引で提供中の『ビデオパス』では、第15戦タイGPから最終戦バレンシアGPまでの全セッションをノーカットの完全生中継配信。