Tickets purchase
VideoPass purchase
News
9 days 前
By motogp.com

決勝レース:マルケスが最終ラップに逆転してタイトル獲得に成功

クアルタラロとビニャーレスが表彰台。ドビツィオーソ4位、ロッシ8位、中上10位。

第15戦タイGP決勝レースは6日、チャーン・インターナショナル・サーキットで行われ、3番グリッドからスタートしたポイントリーダーのマルク・マルケスがファビオ・クアルタラロをオープニングラップから追走。最終ラップに逆転して今季9勝目を挙げ、19年シーズンのチャンピオンに輝いた。

気温31度、路面温度48度のドライコンディションの中、ポールポジションのファビオ・クアルタラロはホールショットを決めて、レースの主導権を握ると、フリー走行のペースを上回る走りで周回を重ねたが、最後に逆転を許して0.171秒差の2位。今季5度目の表彰台を獲得すると、2番グリッドのマーベリック・ビニャーレスは、1.380秒差の3位に入り、今季6度目の表彰台を獲得。

7番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは、11.218秒差の4位。10番グリッドのアレックス・リンス、4番グリッドのフランコ・モルビデッリが続き、8番グリッドのジョアン・ミルは7位。

9番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、19.162秒差の8位。5番グリッドのダニロ・ペトルッチは9位。14番グリッドの中上貴晶は、29.423秒差の10位でフィニッシュ。

6番グリッドのジャック・ミラーは、スタート直前にエンジンをストール。ピットレーンに戻ってからスタートしてポイント圏内の14位でゴール。

チャンピオンシップは、総合1位マルケスと総合2位ドビツィオーソのギャップが98ポイント差から110ポイント差に拡大したことから、4戦を残してタイトル争いに終止符が打たれ、総合5位ビニャーレスが4位に浮上した。

次戦日本GPは、2周間後に1999年から21年連続の開催となるツインリンクもてぎで10月18日に初日、20日に決勝レースが実施される。

Support for this video player will be discontinued soon.

MotoGP™クラス‐決勝レース

Support for this video player will be discontinued soon.

「アメージングイヤーだ!」~パルケフェルメインタビュー

Support for this video player will be discontinued soon.

決勝レースプレスカンファレンス

24.99ユーロで提供中の『ビデオパス』では、第15戦タイGPの決勝レースをノーカットの完全生中継配信。