Tickets purchase
VideoPass purchase
News
28 days 前
By Petronas Yamaha SRT

クアルタラロ「明日は優勝することができるけど、初優勝に拘らない」

昨年技術違反で失格となったもてぎで、4戦連続10度目の1列目を獲得。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームファビオ・クアルタラロは、第16戦日本GPの公式予選でポールポジションタイムから0.181秒差の3番時計を記録。明日の決勝レースを今季10度目の1列目から迎える。

「小さい頃からこのコンディションで速く走れたことがなかったけど、今日は本当に良い感じが初めて見つかった。幾つか問題があったけど、フィーリングは良かった。このことがスーパーに嬉しい。僕たちは1列目。これが目標だった。明日はコンディションが良くなることを願う。」

「初日はレース距離を中古タイヤで走って良かったから、明日はグッドなスタートを切り、序盤にミスを犯さないことが最も重要だ。」

「明日は優勝することができるけど、そのことに焦点を当てない。仕事を続け、初優勝に拘る必要はない。いつか優勝できるときが来る。」

クアルタラロ「このコンディションでステップアップ」

24.99ユーロで提供中の『ビデオパス』では、第16戦日本GPの決勝レースをノーカット完全生中継配信。