Tickets purchase
VideoPass purchase
News
13 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

通算400戦目に向けて発進したロッシ「バイクの快適さを感じる」

ウェットのフリー走行1で4番手、ドライのフリー走行2で7番手に進出。

モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPバレンティーノ・ロッシは、第17戦オーストラリアGPのフリー走行1で4番手。フリー走行2は、4度のコースインでタイヤテストを繰り返すと、1分30秒台を3回、1分29秒台を3回記録して、トップタイムから0.612秒差の7番手に後退した。

「今日は両方のコンディションを試した非常に重要な1日となった。明日の天気予報はウェットになりそうだから、全員がトップ10入りを目指してプッシュした。最終的に7番手。ペースはとても良い。」

「両方のコンディションでバイクの快適さを感じる。ウェットではそれほど悪くなかった。4番手だった。改善に向けて幾つかの分野の仕事に取り組む必要がある。最善のタイヤ選択を理解することに努めるけど、バイクのフィーリングは良い。」

24.99ユーロで提供中の『ビデオパス』では、第17戦オーストラリアGPの公式予選と決勝レースを完全生中継で配信。