Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By motogp.com

決勝レース:19年王者マルケスが逆転で5戦連続11勝目

クラッチローとミラーが表彰台を獲得。ドビツィオーソ7位、ロッシ8位、リンス9位。

第17戦オーストラリアGP決勝レース(周回数27ラップ)は27日、フィリップアイランド・サーキットで行われ、3番グリッドからスタートした19年王者のマルク・マルケスがファイナルラップの1コーナーで逆転。第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPから5戦連続の優勝、今季11勝目を挙げた。

気温16度、路面温度30度のドライコンディションの中、6番グリッドのカル・クラッチローは、11.413秒差の2位。1年前に右足首を骨折した当地で今季の最高位、第9戦ドイツGP以来今季3度目の表彰台を獲得すれば、9番グリッドのジャック・ミラーは、8人の表彰台争いに競り勝って14.499秒差の3位に入り、地元で今季4度目の表彰台を獲得。

2人の新人、15番グリッドのフランセスコ・バグナイアと13番グリッドのジョアン・ミルは、自己最高位となる4位と5位を獲得。

8番グリッドのアンドレア・イアンノーネは、アプリリアに加入してからのベストリザルトとなる6位に進出。10番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソ、4番グリッドのバレンティーノ・ロッシ、12番グリッドのアレックス・リンス、7番グリッドのアレイシ・エスパルガロがトップ10入り。

14番グリッドのヨハン・ザルコは13位。19番グリッドのホルヘ・ロレンソは16位。

5番グリッドのダニロ・ペトルッチは、1ラップ目にハイサイドから今季8度目の転倒を喫した際に外側に位置していた2番グリッドのファビオ・クアルタラロに激突。週末2度目、今季6度目の転倒、3度目の転倒リタイア、4度目のリタイアを強いられた。

ポールポジションのマーベリック・ビニャーレスは、10ラップ目からレースをリードしたが、最終ラップに逆転を許した後、今季6度目の転倒、4度目の転倒リタイアを喫した。

チャンピオンシップは、ドビツィオーソの3年連続総合2位が決定。リンスは総合3位を維持し、ビニャーレスとのギャップを7ポイント差に広げた。

ドラマチックスタート!

24.99ユーロで提供中の『ビデオパス』では、第17戦オーストラリアGPの決勝レースをオンデマンドで配信。