Tickets purchase
VideoPass purchase
News
9 days 前
By Ducati Team

ドビツィオーソ「マルクとファイトするにはペースが足りなかった」

2年連続となる9度目の表彰台を獲得数し、昨年の245Pを上回る256Pを獲得。

ドゥカティ・チームアンドレア・ドビツィオーソは、第18戦マレーシアGPの決勝レースで4列目10番グリッドからオープニングラップで4番手に浮上。4ラップ目にジャック・ミラーを抜いた後は、バレンティーノ・ロッシとの表彰台争いを繰り広げて最後まで3番手を維持した。

「この3位はドライでのベストレースだと思う。スタートが上手く決まれば、表彰台を獲得できることが分かっていた。タイヤのパフォーマンスは、プラクティスの時から大きく変わってしまい、マネージメントが必要となった。」

「バイクはコンディションに大きく依存する。僕たちは正しい手段で走らせることができ、あまりギャップがなかったマルクと一緒に走りたかったけど、ロッシとリンスをコントロールする必要があった。」

「普段からスタートが良い。ロングストレートのおかげで、大きく前進することができ、1コーナーのブレーキングは良かったと思う。あのブレーキングがカギだ。もし間違えていたら、全てを失っていただろう。最初から上位に進出することができたけど、マルクと2位争いをするには、ペースが少し足りなかった。」

ドビツィオーソ「アグレッシブだったけど、クリーンなバトル」

24.99ユーロで提供中の『ビデオパス』では、第18戦マレーシアGPの決勝レースをオンデマンドで完全配信。