Tickets purchase
VideoPass purchase
News
27 days 前
By NTS RW Racing GP

NTS・RWが19歳のイタリア人ライダーを招集

『MotoE™ワールドカップ』に参戦するラフィンの代役に『Moto2™欧州選手権』に参戦したマルコンを指名。

NTS・RW・レーシング・GPは11日、第14戦アラゴンGPから起用する23歳のスイス人ライダー、イェスコ・ラフィンがレギュラー参戦する『FIM Enel MotoE™ World Cup(FIM エネル MotoE™ワールドカップ)』の最終戦スペイン大会に戻ることから、今週末の最終戦バレンシアGPに『Moto2™ European Championship(Moto2™欧州選手権)』で総合4位に進出した19歳のイタリア人ライダー、トンマーゾ・マルコンを代役として招集することを発表した。

NTS・RW・レーシング・GPは、最終戦終了後の20日と21日にヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトでプライベートテストを予定。ボ・ベンスナイダーとラフィンは、NTSが来季20年に向けて開発を続けるプロトタイプマシンを初試乗する。

今季前半戦まで起用した25歳の南アフリカ人ライダー、スティーブン・オーデンダルは、スーパースポーツ世界選手権に転向することを先月発表していた。

24.99ユーロで提供中の『ビデオパス』では、最終戦バレンシアGPを全セッション完全生中継配信。プレシーズン期間中には、オフィシャルテストの動画配信とアーカイブビデオへの無制限アクセスを提供。