Tickets purchase
VideoPass purchase
News
27 days 前
By Petronas Yamaha SRT

1番時計を刻んだクアルタラロ「最速だったことが嬉しい」

23番手と16番手だった1年前のオフィシャルテストデビューから初日は連続の1番手。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームファビオ・クアルタラロは、最終戦バレンシアGPのフリー走行1で今季7度目の1番手に進出。フリー走行2は、3度のコースインで23ラップを周回すると、1分31秒台を8回、1分30秒台を最多の3回記録して、2戦連続7度目の初日総合1番手を維持した。

「全体的に初日に満足。最速だったことが嬉しい。レースペースに関しては、まだ100%でないから改良が必要だけど、改善の余地がある。最後のセクターでタイムロスしているけど、比較できる沢山のデータがある。」

「このトラックで無制限に走りまくったけど、快適さが見つからない。小さいバイクだと楽しいけど、大きいバイクを走らせると、非常に難しいトラックになってしまう。」

Support for this video player will be discontinued soon.

クアルタラロが16番手から1番手に浮上

24.99ユーロで提供中の『ビデオパス』では、最終戦バレンシアGPの公式予選と決勝レースを完全生中継配信。