Tickets purchase
VideoPass purchase
News
20 days 前
By LCR Honda IDEMITSU

ザルコ「このような形でシーズンが終わってしまったことが残念」

来季の就任先に注目が集まった中で存在感を見せたが、2戦連続の転倒リタイア。

LCR・ホンダ・イデミツヨハン・ザルコは、負傷代役の3戦目となった最終戦バレンシアGPの決勝レースで5列目13番グリッドから11番手走行中の14ラップ目6コーナーでクラス最多となる今季17度目の転倒。2戦連続4度目の転倒リタイアで最高峰クラス3年目のシーズンが終わった。

「僕は大丈夫。もっと酷い怪我をしていたかもしれない。今日は難しいレースだった。長いレースになることは覚悟していたから、もしかしたら、中古タイヤの方が正しいペースで走れるかもしれないと考えた。10番手前後を走行。これは良い。ポル・エスパルガロを抜いた後、良いペースを掴もうとトライした。」

「ペトルッチが転倒するのを見て、僕も同じコーナーで転んでしまったから、もしかしたら、少し集中力が切れたかもしれない。滑りながら、レースを失って残念だと思い、他車をチェックしなかった。そうしたら、レクオナのバイクに完全に足をすくわれてしまった。」

「左の足首が痛い。怖かったけど、それほど酷くなかった。骨折もなかった。明日はもう少し検査が必要だけど、大丈夫だと思う。このような形でシーズンが終わってしまったことが残念。」

Support for this video player will be discontinued soon.

ヨハン・ザルコのクラッシュ

Support for this video player will be discontinued soon.

6コーナーで転倒した原因は?

24.99ユーロで提供中の『ビデオパス』では、11月19日からのオフィシャルテストを生中継で配信。