Tickets purchase
VideoPass purchase
News
23 days 前
By Red Bull KTM Factory Racing

総合9番手発進のエスパルガロ弟「2つ目のフレームは凄く良かった」

テストライダーのペドロサと共に新型のフレームとステアリングダンパーをテスト。

レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシングポル・エスパルガロは、シーズン8度目のトップ10入りとなる10位に進出した最終戦バレンシアGPの開催地、サーキット・リカルド・トルモに延滞して、最高峰クラス7年目、KTMから4年目に向けてオフィシャルテストに参加。1年目は58ラップを周回して8番手。

2日目は、9ラップ目の10コーナーで転倒を喫したが、13度のコースインで47ラップを周回すると、1分31秒台を10回、1分30秒台を2回記録して、トップタイムから0.836秒差の8番手、2日間総合9番手に進出した。

「全体的にグッドな2日間となった。ファクトリーのスタッフたちに電子制御の沢山の情報を提供でき、フレーム担当者にとっても大変ポジティブなテストとなった。2日目はフレームに集中。進化型をテストした。1日目に使用したフレームで転倒した後、直ぐに新しいフレームを試した。」

「とても嬉しい。2つ目のフレームは凄く良かった。これは僕たちが取り組んでいることが正しいことを意味する。これは非常に重要なことだ。僕たちは弱点の改善に取り組んでいる。さあ、ヘレスに行こう。何ができるのか楽しみ。バレンシアと同じレベルを維持できるか確認しよう。」

24.99ユーロで提供中の『ビデオパス』では、11月25日から2日間、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで開催される『MotoGP™クラス』のプライベートテストから連日1時間半の『アフター・ザ・フラッグ』を生中継で配信。