Tickets purchase
VideoPass purchase
News
15 days 前
By Reale Avintia Racing

アビンティア・レーシングがグラナドをテストに招集

ポテンシャルを確認する目的で、『MotoE™ワールドカップ』で起用するブラジル人ライダーがドゥカティ車を初試乗。

レアーレ・アビンティア・レーシングは24日、25日からヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで開催される2日間のプライベートテストに、19年シーズンに『MotoE™ワールドカップ』で起用した23歳のブラジル人ライダー、エリック・グラナドを招集することを発表。ポテンシャルを確認する目的で、19年シーズンに使用した18年型のデスモセディチGP18を提供する。

1か月前の第18戦マレーシアGPでは、右手を負傷していたティト・ラバットの代役として、グラナドの起用を検討したが、将来の最高峰クラス起用を視野に入れて契約期間を1年延長。

来季20年も継続して『MotoE™ワールドカップ』への参戦が決定した後、最終戦スペイン大会でポールポジションから2レース連続して優勝を挙げ、総合3位を獲得していた。

ブラックフライデー』限定の特別提供!1ユーロで『ビデオパス』の動画が見放題。