Tickets purchase
VideoPass purchase
News
7 days 前
By Pramac Racing

20年型が供給されたミラー「バイクが機能するときは、いつも幸せ」

バレンシア、ヘレスを再現するように、ドゥカティのテストプログラムに専念。

プラマック・レーシングジャック・ミラーは、昨年11月に4番グリッドから8位に進出したセパン・インターナショナル・サーキットに乗り込み、今年最初のオフィシャルテストに参加。ドゥカティ・コルセから供給された20年型のプロトタイプマシン、デスモセディチGP20での走行を開始すると、3日間で合計146ラップを周回。

最終日となった3日目は、10度のコースインで48ラップを周回すると、1分59秒台を5回、1分58秒台を3回記録。トップタイムから0.267秒差の8番手、3日間総合8番手に進出した。

「ポジティブな3日間のテストとなった。最終日も沢山の仕事に取り組み、セッション終了20分前までドライコンディションだったことは幸運だった。バイクが機能するときは、いつも幸せ。まだ細かいところの仕事が必要だけど、全体的に3日間を通じて速かったし、やりたかった仕事をやり遂げた。」

「ミディアムタイヤで最高の瞬間があったことは、大きな驚きだった。チームと一緒に良い仕事をした。これから数日間リラックスした後、カタールに向けて準備を始めよう」と、今年最初のテストを総括した。

ドゥカティのサテライトチームは、13日後の2月22日から開幕戦カタールGPの舞台、ロサイル・インターナショナル・サーキットで開催される今年2度目のオフィシャルテストに参加する。

オフィシャルテスト
1日目: 1分59秒236(47ラップ/5番手)
2日目: 1分58秒641(51ラップ/2番手)
3日目: 1分58秒616(48ラップ/8番手)

2019年第18戦マレーシアGP
公式予選2: 1分58秒725(4位)
決勝レース: 2分00秒058(8位)

オールタイムラップレコード:1分58秒303(19年/F.クアルタラロ)
ベストレースラップ:1分59秒661(19年/V.ロッシ)
テストベストラップ:1分58秒239(19年/D.ペトルッチ)

VideoPass』では、2月22日から3日間、開幕戦カタールGPの舞台、ロサイル・インターナショナル・サーキットで開催されるオフィシャルテストの動画を配信。