Tickets purchase
VideoPass purchase
News
16 days 前
By Petronas Yamaha SRT

最速ペースを刻んだクアルタラロ「54秒台で走れたことが嬉しい」

連続21ラップのレースシミュレーションで55秒台を5回、54秒台を14回記録。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームファビオ・クアルタラロは、オフィシャルテスト3日目、最終日に誰よりも早く13時29分に走行を開始。8度のコースインで58ラップを周回すると、1分55秒台を17回、1分54秒台を最多の21回記録して、トップタイムから0.219秒差の4番手、1番手に飛び出した2日目のタイムで3日間総合3番手に進出。

13日後のオープニングレース、開幕戦カタールGPの決勝レースを想定して、18時49分からは連続21ラップのレースシミュレーションを実行すると、1分55秒台を5回、1分54秒台を14回記録した。

「レースシミュレーションに取り組み、ペースは本当に良かった。1分54秒台で走れたことが嬉しい。真のタイムアタックはしなかったけど、僕たちは非常に速い。トップから僅かコンマ2秒差だった。もっと速く走ることができたけど、ファストラップ中にミスを犯してしまった。」

「レースウィークエンドでは、ファストラップを改善したい。これは僕たちが得意とすること。今日は上手く行かなかったけど、1戦目でできるはず。今日の仕事が本当に嬉しい」と、1番手を維持できなかった理由を説明した。

オフィシャルテスト
1日目: 1分55秒074(56ラップ/8番手)
2日目: 1分54秒038(65ラップ/1番手)
3日目: 1分54秒077(58ラップ/4番手)

オールタイムラップレコード: 1分53秒380(19年/M.マルケス)
ベストレースラップ: 1分54秒927(16年/J.ロレンソ)
20年テストベストラップ: 1分53秒858(M.ビニャーレス)

VideoPass(ビデオパス)』では、開幕戦カタールGPのプレスカンファレンスから史上最多全20戦を完全網羅の生中継で配信。