Tickets purchase
VideoPass purchase
News
8 days 前
By motogp.com

ドルナスポーツ代表のカタールGP及びタイGPに関する声明

カタール当局とタイ当局との協議の末、キャンセルと延期の決断を下したことを説明。

ドルナスポーツの最高経営責任者カルメロ・エスペレータは2日、開幕戦カタールGPの『MotoGP™クラス』のキャンセル及び第2戦タイGPの延期に関して、声明を次のように発表した。

「我々は新型コロナウイルスが原因に世界的に困難な状況となっていることから、状況を正確に把握するために、カタール当局との間で密接に連絡を取り合ってきましたが、週末を通じて、状況が大きく変わりました。土曜の段階で誰に対しても特別な問題はなく、状況をコントロールしているようで、我々は開催に向けて準備を進めていましたが、日曜の午後にカタール当局から、イタリアと世界中の状況を理由に、全てのイタリア国民及びイタリアから到着する全ての渡航者に対して、過去14日間にイタリアに滞在していないことを確認する必要があると連絡を受けました。カタールへの入国が禁止されているわけではありませんが、過去14日間イタリアに滞在した全ての渡航者たちは、カタールで14日間隔離されます。これは我々にとって、当然、可能ではないことから、カタールGPの『MotoGP™クラス』をキャンセルすることになりました。『Moto2™クラス』と『Moto3™クラス』に関しては、カタールでオフィシャルテストを実施したことから、既にカタールに滞在していることから、アジア・タレント・カップを含めて、開催することが可能です。」

「我々は週末を通じて、タイ当局とも話し合いを継続しました。月曜にタイで開催されるイベントに関して決断を下す会議があると連絡を受け、イタリア人やタイに入国する他の国籍の人たちに関係なく、多くの観客を集めるビックイベントをキャンセルすると決定を下しました。カタールとは状況が異なることから、タイのプロモーターとの話し合い、タイGPの開催を延期することを決め、20年シーズン中に開催が可能な時期を検討します。」

「2020年シーズンを開催します。全てを継続することにトライし、日々状況が変化することから、状況を把握することに努めますが、我々の願いは、20年シーズンに全てのレースを開催することです。」

ドルナスポーツ代表がシーズンスタート遅延を説明