Tickets purchase
VideoPass purchase
News
24 days 前
By motogp.com

『バーチャルレース』~前回2位のバグナイアが優勝

波乱のスタートとなった2戦目を18年中量級王者が最高峰クラスで初優勝を達成。

Tags MotoGP, 2020

チャンピオンシップのオフィシャルウェブ『motogp.com』と『MotoGP™ eSport Championship(eスポーツ)』のオフィシャルウェブ『esport.motogp.com』は、19年版のオフィシャルビデオゲーム『MotoGP™19』を使用したバーチャルレース『MotoGP™ Virtual Race(バーチャルレース)』の第2ラウンドを開催。第1ラウンドで2位に進出したフランチェスコ・バグナイアこと、『Pecco21』がポールポジションから唯一転倒なしで走りきって優勝を挙げた。

第2戦はオーストリアGPの開催地、レッドブルリンクがステージ。第1ラウンドで3位を獲得したマーベリック・ビニャーレスは、2番グリッドから1番手走行中の7ラップ目に転倒を喫したが、高速ペースで3.2秒差のバグナイアを猛追。最終ラップには1度トップの座を奪回したが、0.074秒差の2位に入り、2戦連続して表彰台を獲得。

第1ラウンドで優勝を挙げたアレックス・マルケスは、3番グリッドからスタート直後の1コーナーで転倒。他車に弾き飛ばされる場面や兄弟対決の場面もあったが、2度の転倒が影響して9.762秒差の3位を獲得。

前回5位のマルク・マルケスは、4番グリッドから12.572秒差の4位。前回4位のファビオ・クアルタラロは、5番グリッドから5位。第1ラウンドのトップ5が上位に進出した。

初参戦組では、ダニロ・ペトルッチが7番グリッドから6位。バレンティーノ・ロッシは最後尾10番グリッドから4度の転倒を喫して7位。

初挑戦となった中上貴晶は、オープニングラップの1コーナーで発生したオーバーランと多重クラッシュの間隙を縫って1番手に飛び出すと、果敢に仕掛けて他車と接触する機会が何度もあったが、8番グリッドから8位でフィニッシュ。ミケーレ・ピロは6番グリッドから9位。ティト・ラバットは9番グリッドから10位だった。

* マイルストーン社は、20年版のオフィシャルビデオゲーム『MotoGP™20』を4月23日に発売。

『バーチャルレース』~フルプログラム

『バーチャルレース』~ハイライト

有料動画サービス『VIDEOPASS(ビデオパス)』では、最高峰クラスのシーズン緒戦まで、ユーザー登録者に対して無料お試しのフリートライアルを提供中。ユーザー登録を希望する方は、『ユーザー登録』まで。