Tickets purchase
VideoPass purchase
News
14 days 前
By motogp.com

ロッシ&ビニャーレスが8月、9月からの開催を希望

ファンのために無観客開催に否定的な意見も開催自体が重要であると認識。

モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPは25日、チームが運営するユーチューブ、フェイスブック、インスタグラムを通じて、バレンティーノ・ロッシマーベリック・ビニャーレスのインタビューを公開。20年シーズンについて、8月、または9月からの開催を希望した。

ヤマハから8年連続15年目を迎えるロッシは、「僕にとってベストなのは、8月または9月にスタートして、世界中のベストサーキットで10戦または12戦の開催に向けてトライすること。ベストコンディションのところでの開催することだ。」

「9月にスタートして、12月には暖かいオーストラリアやタイで利用し、12月に終了することができるだろう。同じトラックで複数のレースが開催されないことを願う。スーパーバイクのように週末に2レースが開催されることは好まない。8戦、10戦、または12戦が良いと思うけど、ベストレーストラックでの開催。」

「無観客は誰にとっても非常に残念なことになるだろう。僕たちはファンのためにレースをするけど、レースを開催しないより、無観客でレースをした方が良い。」

「時々、カルメロ・エスペレータと話す。あまり迷惑をかけないように心掛けているけど、最新の状況を求める。時々会話し、テキストメッセージを送信してくれ、巨大なプレッシャーの下で、状況やどのように働いているのかを話してくれるけど、僕たちと同じように一日も早いレース開催を望み、最善を尽くしている」と、開催の希望とドルナスポーツへの支援を語る。

ヤマハから4年目を迎えるビニャーレスは、「バレンティーノに同意する。最終的にレースをしなければいけない。チャンピオンシップは前進する必要がある。ファクトリーは働く必要があり、トラックで周回を重ねる必要がある。今は全てが止まっている。彼が言ったように、僕たちはファンのために走り、彼らは僕たちを観に来る。ファンは自宅で観戦することができるけど、無観客となれば、それは非常に残念。」

「僕としては、シーズンの後半戦が開催できたら良いと思う。それは完璧な状況だろう。同じトラックで2レースの開催は難しい。それはとてもストレンジで、結果は大きく変わるかもしれない。ダブルレース?それは分からない。観るには面白いかもしれないけど、僕たちは慣れていない。とにかく、完璧な状況はシーズン後半戦を開催することだろう。」

「時々、カルメロにメッセージを送って、何か役に立てることや必要なことはないかと訊く。ライダーとして、チャンピンシップと関係者のために、何かできることがあれば、役に立ちたい。ドルナスポーツはチャンピンシップを存続させるために懸命に働いている。20年シーズンの開催に向けて全力を尽くすことに疑わない」と、チームメイトと同調するように後半戦からの開催を希望した。

有料動画サービス『VIDEOPASS(ビデオパス)』では、最高峰クラスのシーズン緒戦まで、ユーザー登録者に対して無料お試しのフリートライアルを提供中。『MotoGP™ Virtual Race(バーチャルレース)』も5月3日に無料配信!

推奨記事